サクランボのようなリンゴのような 赤嶺(せきれい)

ロザリオビアンコは終了し、赤嶺(せきれい)をが出始めました。
 IMG_2822

スーパー等の店頭でもときどき見かける甲斐路という有名なぶどうがありますが、赤嶺はその甲斐路の枝変わりです。

ぶどうの苗木を販売する苗木屋さんのカタログには食味などの特性は甲斐路と同じとあり、甲斐路の欄には以下のようにあります。

「果肉は崩解性で緊まっているが欧州種としてはやや軟らかく多汁である。果皮と果 肉は分離しないので、一部、皮を剥いて食べるといい。糖度は極めて高く18~23度で上品なマスカット香がある。品質は絶佳、独特のコクとうまみを持ち、消費者のアンケートによる人気第1位 である。渋味なく、酸は適度かやや少ない。」

私が食べてみての感想は、すっきりとした酸味と甘いのだけれどくどすぎない甘味が、まるでサクランボやリンゴのよう

もっと正確に表現すると、食感や見た目やジューシーさはサクランボ、味は甘いリンゴ。

あくまでも私個人の感想ですので、特徴としては上記のカタログの抜粋記事の通りです。

ぜひ一度お試しあれ。

感想をぜひ聞かせていただきたいぶどうの一つです♪

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です